外構工事はどの段階で工事をするのがいいの?

新築工事の場合、家の外周部をブロックなどで囲う場合には先に行ったほうがいいでしょう。但しあまり住宅と、外周部が接近している場合は、住宅基礎の施工時で、ブロック等が転倒する恐れがあるのであとからのほうが良いでしょう。おおよそ60cm以上はなれていれば、先のほうが施工しやすいので、その分安価になるはずです。  自分でもやってみたいと言う人は、隣地境界や道路境界部及び背の高い樹木などは業者にお願いして、家の内部は自分で行ってみるのもいいでしょう。

【よくある質問と答え】