北九州のガーデニング・エクステリア・外構工事、リフォームはアルスグリーンにおまかせ

アルスグリーンへの問い合わせ・連絡先093-922-0012

当社では責任施工を実施させて頂いておりますので、商品のみの販売をしておりません。何卒ご了承願います。

アルスグリーンとは?

お知らせ・更新情報

新商品のご紹介

雑草対策の強い味方「雑草アタックα」

メンテナンスフリー人工芝「グレートターフ」

庭木や芝生の水やりに「自動散水システム」

 

サービスエリア

 

スタンプコンクリート特設ページ

カーポート特設ページ

 

求人情報

 

外部リンク

有限会社クローバー保険事務所

 

アリスグリーンのリガーデン

このページの概要:パーツごとの商品の選び方について

床仕上げの種類

床仕上げ材料の紹介

床仕上げの材料には以下のようなものがあります。

  • 土
  • 防草シート
    防草シート
  • 砂利
    砂利
  • 天然芝
    天然芝
  • 真砂土
    真砂土
  • デックスコート
    デックスコート
  • コンクリート
    コンクリート
  • コンクリート平板インターロッキング
    コンクリート平板インターロッキング
  • コンクリート平板木風
    コンクリート平板木風
  • タイル
    タイル
  • 樹脂塗装
    樹脂塗装
  • 人工芝
    人工芝
  • レンガ
    レンガ
  • 天然石
    天然石

床仕上げ材料の特徴

種類 説明 アプローチ 階段 テラス 駐車場 裏通路
既存の土をそのままにし、整地した状態になります。
防草シート
+
砂利
雑草が生えてこないように、防草シートを敷いた上に、コンクリートを砕いた単粒砕石や砂利を敷いたものです。色付きの砂利もあります。
天然芝 西洋芝や、高麗芝など芝にも種類があります。一般家庭の場合は高麗芝の方が育てやすいです。
真砂土 固まる土として、神社の歩道などとしてよく使用されています。
デックスコート 既存コンクリートの上にレンガや乱形石張りのパターンを作れる塗装材です。
コンクリート 鉄筋やメッシュなどを中に入れ、強度を保ちます。使用場所によって厚みや仕上げ方法を変えることが出来ます。
コンクリート
平板
コンクリートのブロックに色を付けたもので、様々なバリエーションがあります。コンクリートを使わず、砂利と砂で下地を作り、その上に敷きつめます。
タイル 300角のタイルが主流に出回っており、様々なバリエーションがあります。コンクリートの上に張っていきます。
樹脂塗装 細かい天然石を樹脂で固めて舗装するものです。土の上やコンクリートの上に舗装できます。
人工芝 ものによっては天然芝のようにも見える人工芝も出てきています。土の上やコンクリートの上に張っていきます。
レンガ 様々な種類があり、テイストに合わせたものを使用することにより、いろいろな表現が出来ます。
天然石 乱形のものや、方形のものなどがある。コンクリートの上に張っていきます。

材料のメリット・デメリット

種類 メリット デメリット
コストがほぼかかりません。 雨の日に歩くと靴が汚れ、次の日には地面が荒れてしまいます。
防草シート
+
砂利
雑草をほぼ抑えられ、浸水性があります。コストが抑えられます。 シートの隙間から、雑草が生えてくることもあります。ハイヒールなどでは歩きにくいです。
天然芝 綺麗に生えると見栄えが良いです。地面の熱を吸収してくれます。 手入れが定期的に必要で、冬には枯れてしまうこともあります。
真砂土 環境に優しく、太陽光の照り返しを軽減します。マイナスドライバーなどで簡単に一部のみでも壊すことができます。 施工の仕方で水たまりができやすくなったりします。苔が生えやすいです。
デックスコート 範囲が広いと割安になります。耐久性やデザインの自由度が高く、施工の仕方によってはとても綺麗に仕上がります。 範囲が狭いと割高になります。色がはげてくることがあります。
コンクリート レンガ調、石調、木目調、タイル調など様々な種類があります。強度があり、保水性や浸水性のあるものもあります。 熱を閉じ込めやすいです。雰囲気が無機質になりやすいです。
コンクリート
平板
レンガ調、石調、木目調、タイル調など様々な種類があります。強度があり、保水性や浸水性のあるものもあります。 色が薄くなってきます。
タイル 陶器の輝きと風合いがあり、テラスなどに張ると、とても映えます。和風にも欧風にも利用できます。 素材が薄いので割れやすいです。
樹脂舗装 天然石の綺麗な色を使えます。砂利を樹脂で固定するので、砂利と比べると歩きやすいです。透水性に優れています。 雨の日は滑りやすくなります。ぽろぽろと剥がれてくることがあります。種類によっては色が黄色っぽく変色してきます。
人工芝 1年中美しい緑が保てます。雑草の心配がありません。 肌触りなどが天然芝のものに比べると劣ります。
レンガ カラーやバリエーションが多く、経年変化を楽しめます。温かみや伝統のある雰囲気を演出できます。 ものによっては、手に入らなくなってしまうものもあるので、補修などに同じものが使えない場合もあります。
天然石 天然石ならではの美しい表情があり、経年変化を楽しめます。どんなテイストでも演出でき、独特の高級感がでます。 施工に時間がかかり、材料自体もモノによっては大きなコストがかかります。
  • リフォームローン
  • エクステリア用語集
  • よくある質問と答え
  • エクステリア・ガーデニングの豆知識
アルスグリーンへのお問い合わせ先

このページのトップへ