駐車スペース(カーポート、ガレージなど)を作る際の注意点

駐車スペースを作る前に考えておくべきこと

カーポートスペース車の台数、車高、幅や長さ、ドアの開閉スペースなどに合わせて、適する広さを確保することが大事です。現在、使用している車はもちろん、将来車を買い換える予定や台数が増える予定などがあれば、あらかじめ考慮して、高さやスペースは余裕をもって確保しておきたいものです。それに加えて自転車やバイクも置く場合、そのスペースも忘れずに確保するようにしましょう。 家族に小さなお子さんがいらっしゃる場合は、ベビーカーなどの出し入れがしやすいスペースや、高齢の方がいらしたり、車椅子などを使用する場合は、乗り降りしやすいような配慮も必要となります。

駐車スペースの種類と特徴

駐車スペースの作り方は大きく分けて3種類です。壁や屋根でしっかり囲われている『ガレージ』、オープンスペースに屋根を取り付けた『カーポート』、屋根がなく庭などと一体化されるオープンな『オープンスペース』があります。屋根がある場合は「建築物」扱いとなるため、建築確認申請が必要で、建ぺい率や容積率に余裕がないと、つくることができません。建ぺい率とは、 敷地面積のうち、建物を建てられる面積(建築面積)の割合のことで、用途地域などによって異なります。市役所などでご相談ください。

■ガレージ
ガレージとは、自動車を格納するための建物のことをいいます。独立したものもありますが、建物に組み込んだり一部を利用したりする場合もあります。 ガレージ(車庫)は、風雨を防ぎ、紫外線やほこりなどからも守るので、自動車の保護や、また防犯面で優れています。クローズドタイプの場合は、シャッターの性能や換気・吸音などへの配慮、床の防水・耐油性能などに関しても確認しておくことが大切です。

■カーポート
カーポートとは一般的に、屋根と柱を取り付けたオープンな車停めスペースのことです。雨や紫外線から自動車を保護する目的をもっています。単に屋根があればいいという訳ではなく、メンテナンス性も含めて考慮しましょう。

カーポートの素材
特徴
ポリカーボネート
プラスチックの一種で強化ガラスの200倍という強度をもち、透明プラスチックの中で最も衝撃に強く、柔軟性もあります。また、火元を離せば自然に火が消えていく自己消化性を備え、万が一 の火災の時にも安全です。温度変化による狂いが少ないのも特徴です。紫外線もほぼ100%カットするので、塗装の色褪せ、シートの日焼けなどを防ぐことができます。
アルミ形材
遮光性、遮熱性に優れています。錆にも強いです。
スチール折板
ガルバリウム鋼板などがあり、耐風圧性や耐荷重性、遮熱性に優れた安心感のある素材です。積雪、強風の多いエリアに適しています。

カーポートのスタイルには、屋根の支持の仕方の違いによって、片流れタイプと両側支持タイプに分類することができます。

・片流れ(片側支持)タイプ
左右どちらか片側に柱を設けたタイプで、柱は2本、もしくは3本です。柱が片側のため駐車の際に邪魔にならず、狭い敷地でも出し入れがしやすいのが特徴です。複数台を駐車するために、「合掌」や「連棟」などに繋げたスタイルも可能です。片流れを向かい合わせに組み合わせた「M合掌」や、背中合わせした「Y合掌」があります。縦列に並べて複数台のカーポートとすることもあります。

・両側支持タイプ
両側に設けた柱によって屋根を支えるタイプです。両側から支えているため、片流れタイプよりもカーポートの強度は増します。両サイドにパネルを取り付けることで、雨の吹き込みを抑えることもできます。両側支持の カーポート を横に繋げる横連棟や縦連棟とすることも可能です。

■オープンスペース
駐車スペースに屋根も壁も設けないオープンスタイルです。比較的、工事費も安く済み、オープンなので、敷地全体が明るく広々感じるというメリットもあります。車がない時には、庭と一体化するようなプランニングにしておくと、さまざまな用途に使用できるでしょう。

カーポートリフォームの注意点

カーポートリフォームで新しくカーポートを作りたい場合や、増設したい場合は、以下のことを確認しましょう。道路の高低差が大きい場合は、掘削と土止めのために大掛かりな工事が必要になり、想像以上に費用が掛かってしまうことがあります。その他の条件もしっかり確認していないと、実際に車の出し入れが面倒だったり、洗車がしにくいなど、使い勝手が悪くなこともあります。

・車の条件(車幅、高さ、長さ)
・敷地の条件(高低差、設置場所、道路の状況等)
・設備条件(照明、水道など)


以上のような点に注意して、エクステリアのリフォームをご検討下さい。
もちろん、弊社でも随時ご相談受付中ですので、お気軽にご連絡下さいませ。お客様のニーズに応じたきめ細かいご提案をさせていただきます。

北九州のガーデニング・エクステリアは 「アルスグリーン」
〒802-0072 福岡県北九州市小倉区東篠崎1-17-1
TEL:093-922-0012
メールフォームでお問い合わせを行う

エクステリア・ガーデニングの豆知識一覧へ戻る